MENU
4月の休診日のお知らせ 1日(月)4日(金)9日(火)12日(金)14日(日)18日(木)25日(木)28日(日)

なぜ呼吸が大事なのか?

  • URLをコピーしました!

今回の記事では「呼吸」が身体にもたらす影響を解説していきたいと思います。

目次

呼吸は1日に2万回行う運動である

普段、呼吸の回数などは意識されることは少ないですが、1日に約「2万回」という回数の呼吸を行っています。正常な働きのもとで動いていれば、まったく問題ないのですが誤ったパターンで繰り返されている場合、それが何かしらの不調になって現れてしまいます。少し大げさに言うと「1日2万回のエラーを出してしまっている」ことになってしまいます。

横隔膜の働きが重要になっている

横隔膜は、肋骨の内面にドーム上に広がって存在しています。


私たちが息を吸う時、ドーム上の横隔膜が下に伸びていくようにおりていき、その力によって空気が肺に入ってきます。(陰圧)
逆に息を吐く時には、ドーム上に上がっていき、肺の中から空気を外に押し出すような力を生み出します。(陽圧)
この上下動が呼吸にとっては超重要な仕組みになっているのですが、この上下動がうまく作動していないケースが実は多く、それによって身体の不調に繋がっているケースが存在しています。

横隔膜の動きを判断する材料:リブフレア

横隔膜自体は、身体の内面にあるために実際にどうなっているかを肉眼で確認することは不可能です。その代わりに確認するのが「肋骨の形状」です。
肋骨の全体像は以下の写真のような感じになっています。



但し、身体の不調を抱えている場合、この形状から逸脱している事が多く見られます。
具体的には
外に開いてしまう「外転

前に出てしまう「伸展


肋骨が上記のような形状(=リブフレア)にある時には横隔膜の適切な働きは出来ていないと評価されます。

横隔膜がもたらす影響は?

例えば以下のような症状に対して影響が出る事が考えられます。

肩こり:横隔膜が適切に機能しない場合、呼吸を補助する筋肉を利用して空気を引き込む必要が出てきます。その代表例が肩こり筋としてよく挙げられる「僧帽筋」や「胸鎖乳突筋」「斜角筋」といった筋肉群です。やや誇張した言い方になりますが「息をするだけで肩がこる」といった状態になりかねません。
腰痛:横隔膜がうまく機能していない場合(リブフレアが認められる場合)には横隔膜の形が下に落ち切ってしまい、うまく上に上がってこれない状態になっています。その際に問題になってくるのが、腰を引っ張ってしまう事です。下の写真の丸で囲った部分を見てみてください。

この部位には横隔膜の「脚部」という名称が付いており、腰椎の前面に付着します。この部分が腰椎自体を前に引く動作(いわゆる反り腰の姿勢)をしてしまい、腰椎自体に余計なストレスをかけてしまいます。こちらを誇張すると「息をするだけで腰痛が悪化してしまう」と言う状態です。

当院での対応案

横隔膜の機能を復活させる専門のトレーニングを処方する事で、呼吸のシステムを整え、身体の不調の改善に繋げていきます。その中でよく使うアイテムが「風船」です。
その一例を紹介していきます。

風船を使って、お腹の圧力を高めながらスクワットを行っています。
こういったトレーニングを行う事で、お腹の圧を高め、肋骨の形状を元の位置に誘導し、結果として横隔膜の機能を復活させていきます。
あくまで一例で、どういったトレーニングを処方していくかは、専用の検査、そして体力レベルに合わせています。

最後に

横隔膜の機能自体を施術方針に組み込むことで、施術だけでは足りない「身体のシステム」の改善に繋げることが出来ます。肩こりや腰痛といった症状を始め、身体の不調にお悩みの方、ぜひ一度当院にご相談くださいね。

お問い合わせ・ご予約

公式LINEから受け付けております。

友だち追加

※登録時に自動でメッセージが返信されます。

ご予約は以下のボタン、またはLINEから受け付けております。

施術者紹介

木村佑介
鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師

アクセス

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次