MENU
4月の休診日のお知らせ 1日(月)4日(金)9日(火)12日(金)14日(日)18日(木)25日(木)28日(日)

猫背にも実はメリットがあった?

  • URLをコピーしました!
✔︎姿勢を良くしたい
✔︎猫背を治したい
✔︎かっこよく歩きたい

こんなお悩みを一度はお持ちになった方は多いのではないでしょうか?
姿勢改善を目標に、整体やトレーニングなどに通われる方多くいらっしゃる中で、今回はやや違った見方から、姿勢の話を進めてきましょう。

目次

背筋を伸ばして立つ・・・べきか?

まず、姿勢を直そうと思った時に、多くの方は「背筋を伸ばして立つ」ことを考えるかと思います。いわゆる気をつけの姿勢ですね。

↑こんな感じですね。


一見美しく見えるのですが、現代人の多くの方にとってはこの姿勢の取り方はあまり向かない状況にあると言えます。この理由を簡単にいうと「皆さん反りすぎ」です。では、その理由を見ていきましょう。

腰は元々反っている、がもっと丸めて良い。

背骨自体は元々S字のカーブを描いています。腰の部分に相当する「腰椎」は前にカーブ(=前弯)をしています。これを言い換えると通常の状態でも前に反っている状態であると言えます。

実際に良い姿勢を作ってくださいと指示すると、こんな感じ↓に反り返ってしまう方が続出します。

この時、私たちの腰は、通常想定されているレベルよりも強く前に反り出しています。強い反りを作るために、腰の筋肉を強く緊張させた上で立ち姿勢を作っています。

☑️ここで一度自分の身体を確認してみましょう。
いつも通りの立ち方をして、腕を腰に当ててみましょう。筋肉がボコッと迫り出すように硬くなっていたら、腰の力が入りすぎかもしれません。

立っていると腰が痛くなってくるという相談を受ける機会もよくありますが、常に腰に力が入っていると考えれば、むしろ妥当な反応かもしれません。
こういった理由から、私はよく患者様には「もっと腰を丸めて良いです」とお伝えしています。

身体を丸めることにもメリットがある

「実は身体を丸めることにもメリットがあります。」といってもなかなかイメージができないと思います。意外と背中を丸くする姿勢(=猫背)においては良い点があったりします。
それは【背骨と背骨の間が広がること】です。この間が広がることで、その隙間にある神経の出口(=椎間孔)が広がり、全身に情報が送れることになります。
下記の写真の黄色いちょろっとしたものが出ている穴が椎間孔です。

本来の意味での良い姿勢であれば、背中を伸ばしている姿勢でもこの出口を塞ぐようなことはないのですが、例えば背中の深い位置にある筋肉が硬くなっている状態では、むしろまっすぐ伸ばす事はデメリットになったりします。

猫背にする事は神経の出口を広げることができるため、人によってはこの姿勢がプラスになっていることもあったりします。

さて、ここまでを振り返って考えて見ると
猫背の人に対して、無理に背中を伸ばさせる事はマイナスになってしまう可能性がある」となってしまいます。

背中の筋肉の硬さを取ることが大事です。

猫背になっていることを当院では
背中を伸ばす姿勢をとっている」という解釈をします。
つまり根底には
背中の筋肉が硬くなっている」ために「ストレッチをしている状況」があると捉えています。
そのため、猫背の姿勢をとる方に対して「綺麗な姿勢を取ってください」というような指示をする事はありません。この指示自体がまた新しい緊張を作ってしまうからです。猫背をはじめとする姿勢のお悩みに対しては「背中の深部の筋肉を緩めること」からスタートしていきます。

緩めた身体をまず作ることで「自然と背中が伸びる感じ」を実感してもらい、そこに呼吸トレーニングを加える事で姿勢の改善を目指していくという流れでご案内していきます。
トレーニングの一例です。

このイラストの、特に丸める方を徹底的に練習していきます。意外とちゃんと丸めるのって難しいんですよ。

終わりに

今回は猫背にフォーカスをあてて解説していきました。神経という存在から見た時には、意外と悪者ではないということが少しでも伝われば嬉しいです。
もし姿勢改善に取り組みたい方がいたら、当院にご相談くださいね。

お問い合わせ・ご予約

公式LINEから受け付けております。

友だち追加

※登録時に自動でメッセージが返信されます。

ご予約は以下のボタン、またはLINEから受け付けております。

施術者紹介

木村佑介
鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師

アクセス

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次